スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 このエントリーをはてなブックマークに追加                         

高血圧とは

人間の体は、心臓がポンプとなって全身に血液を送り出していますよね。このときの血液の流れによって血管に掛かる圧力が「血圧」です。

この血圧が、血管が細くなったり、血液の流れが悪くなる等の理由で、血管に圧力が掛かりすぎていることを「高血圧」といいます。

                

上の血圧、下の血圧とは…

「上の血圧とか下の血圧って言うけど何のこと?」
と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

心臓が収縮して血液を送り出すと、血管に一番強い圧力がかかります。これが「上の血圧」です。(収縮期血圧)

そして、収縮した心臓が拡張していくと、血管に掛かる圧力が一番弱くなります。これが「下の血圧」です。(拡張期血圧)

どちらも重要で、高すぎても低すぎても良くありません。

高血圧の基準

高血圧の基準は、基本的には上の血圧が140以上、下の血圧が90以上とされています。どちらか一方が高い場合でも、高血圧と判断してください。

 収縮期血圧拡張期血圧
至適血圧120未満80未満
正常血圧120未満85未満
正常高値血圧130-13985-89
高血圧と判断140以上90以上
軽症高血圧140-15990-99
中等症高血圧160-179100-109
重症項血圧180以上110以上


初期症状

血圧が高くても、はじめはあまり症状を感じません。

肩こり、頭痛やめまい、動悸、息切れ、などを感じる人もいますが、この様な症状は必ず現れるわけではないので、高血圧の目安にはなりません。

そのため、定期的に血圧を測らないと発見が難しく、健診で指摘されても,症状を感ないので危機感なく放置してしまう人が多いようです。

高血圧予防や対策を考えると同時に、まずは定期的に高血圧を測れる環境を整えることが大切になってくるでしょう。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加                         

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

話題の高血圧改善法

>>血圧がグングン下がる食事療法の内容とは?
面白いように血圧が下がると話題の食事法の中身をレビューしてみました。
基礎知識
家庭での対策
話題の改善法
ツール
食事
降圧薬
概要
管理人
あんこ餅 あんこ餅

高血圧の悩みを解消する改善法を解説します。

カテゴリ
最新記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。