スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 このエントリーをはてなブックマークに追加                         

高血圧の治療方法

高血圧の治療法としては、主に「食事療法」「運動療法」「薬物療法」の3つがあります。

基本的な治療の目的は、たんに血圧を下げることそのものではなく、高血圧によって起こる危険な合併症を防ぐことにあるのです。

                
食事療法や運動療法は、すべての高血圧に悩む方が、まず最初に取り組む治療であるとともに、長期的に続けていく治療の基本でもあります。これらを実戦しながら生活習慣を改善させれば、ほとんどの場合、血圧を下げることが可能です。

生活習慣を改善させても血圧がコントロールできない場合は、医師と相談をして薬を使う薬物療法で血圧を下げることになるでしょう。

原因となる生活習慣

治療を始める前に、まずご自分の高血圧の原因を確認しておきましょう。
  • 不健康で偏った食生活
  • 外食やコンビニの食事ばかり
  • 調味料を付けたしするクセがある
  • まったく運動しない
  • 肥満である
  • 大きなストレスがある
  • 睡眠が不規則で寝不足が続いている
  • 過度な喫煙や飲酒を行っている

普段の生活習慣が悪いために、高血圧になっているはずなので、ご自分の原因がはっきりとわかる場合、そちらを直すことで血圧も自然と改善していきます。

いくらちゃんとした治療を行っても、これらの原因を直さない限り、血圧を下げることは難しいでしょう。生活習慣改善は高血圧治療の基本ということを覚えておいてください。

食事療法

食事は生活の基本で、食べ物は直接体の中に入るものですよね。

食事を見直すことは、高血圧を改善するだけでなく、健康な体に変えることにもつながります。

食事療法をする際、注意することは
  • 塩分を抑える
  • 糖分を抑える
  • 野菜を多く食べる
  • コレステロールをとる量を控える
  • カリウムを多く含む食物をとる
  • 摂取カロリーに気をつける
  • アルコールを飲みすぎない

簡単にまとめましたが、こういったポイントに気をつけることが大切になります。食事については今後もさらに詳しく解説していくつもりです。

>>驚くほど血圧を下げる効果があると話題の食事法

運動療法

「適度な運動は体にいい」とよく言われますよね。実は高血圧にも良いとされています。

効果的な運動を続けることで、血圧を高める神経系の働きが調節され、血圧を高くなりにくくすると考えられているのです。

また運動を取り入れることで、高血圧の原因のひとつである肥満を予防したり解消したりできますし、体を動かすことによってストレスの発散にもつながります。

運動療法は1日30分以上を目標にがんばりましょう。その際、けして無理はしないように。医師にも相談しながらやると安心して出来ると思います。

>>一日5分の簡単なストレッチで血圧を下げる話題の方法

薬物療法

薬物療法は、血圧を下げる効果がある降圧薬を飲んで血圧をコントロールする方法です。

体質を変えるわけではないので、根本的な改善にはなりませんが、血圧が高い危険な状態を回避し臓器への影響を軽減することができます。

降圧薬にも色々な種類があり、年齢、症状の状態や合併症などにより医師が判断し処方されます。
>>降圧薬の種類はこちら

降圧薬を飲めば、一時的に血圧が下がりますが、生活習慣を改善しなければ、薬をやめたらまた高くなります。なので薬物治療は生活習慣の改善とセットで行うことがベストです。

ちなみに私のおじいちゃんは、生活習慣を改善させなかったので20台のころから70年間も薬に頼った生活をしなければなりませんでした。医療費もそうとうかかったと思います。そうならない為にも、しっかりと高血圧と向き合って改善させていきましょう。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加                         

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

話題の高血圧改善法

>>血圧がグングン下がる食事療法の内容とは?
面白いように血圧が下がると話題の食事法の中身をレビューしてみました。
基礎知識
家庭での対策
話題の改善法
ツール
食事
降圧薬
概要
管理人
あんこ餅 あんこ餅

高血圧の悩みを解消する改善法を解説します。

カテゴリ
最新記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。